株の特定口座との比較

押し印鑑

株をやっているのであればご存知かと思いますが、株での利益は確定申告をする必要はありません。

特定口座(源泉徴収あり)での取引であれば、証券会社が代行してくれます。

「FXでも同じ制度があったら良いのに〜」と思いませんか?

これはむしろ、株式投資が特殊だと考えなければなりません。
株は、預金で発生した利子と同じように分離課税のように扱われます。

厳密には分離課税ではなく、特例として「特定口座(源泉徴収あり)」が設けられています。

その詳細については闇の中ですので、なんとも言えませんが。

恐らく資産家に有利となるように、昔の偉い人たちが操作した名残なのではないでしょうか?
それだけ株式投資の歴史は長いからですね。

過去の日本では、士農工商という差別的な制度もありましたから。
甘い汁を吸っていた人がいてもおかしくありません。

日本国憲法にしても、70年以上経った今でも使用されています。
それ位、日本の制度改革はゆーっくりなのです。

極端な話、株式投資だけで1,000万円の利益を出したとします。
もしそれ以外で収入がなければ、低所得者層として扱われます。
確定申告をしないので、住民税には反映されないのです。
あくまで所得税だけを、(証券会社が代行することで)支払うことになります。

一方FXは、歴史が浅い金融商品なので、現代にマッチしたやり方で徴税されます。
そのため株でいう、特定口座(源泉徴収あり)のようなものはありません。

今は誰でもインターネットを使って、情報を得ることができますからね。
昔に比べたら、偉い人と庶民の格差は遥かに小さくなっています。

FX業者の中には、確定申告に関する手続きを丁寧に解説してくれています。
「そんなにバカ丁寧に教えてくれるなら、代行してくれやー」と思うかもしれませんが、いろいろと大人の事情があるみたいですね笑。

「お金を払ってでも確定申告を代行してもらいたい」という人は、案外多いのではないでしょうか?

私も切に願っています!
そうすればFXも、もっとやりやすいものになるし、脱税も少なくなると思いませんか?

残念ながら今の時点では、確定申告を代行してくれるFX業者は存在しません。
自分で調べてやる必要があります。

ただでさえFXの勉強もしなければならないのに、税金の勉強もしなければなりません。

利益が大きくなると、それだけの責任に加えて、手間もかかってきます。

Filed under: 確定申告 — 16:31:00